ヒザを支える主な筋肉

【ヒザを伸ばす主力筋肉】
ヒザを伸ばすとき、主力となる筋肉は太ももの前にある。
@大腿直筋 ---

ひざ頭(膝蓋骨)のすぐ上のくぼんだところから
太もも上面にかけて、盛り上がっている筋肉。

A中間広筋 ---

大腿直筋の深部にある。ヒザの力を抜いて、
大腿骨に指先を押しつけないと感触できない。

B外側広筋 ---

大腿直筋のくぼみの外側。

C内側広筋 ---

ヒザを伸ばして床に座る。足先を床に対して
直角にたてキュッと力を入れる。
ひざ頭手前、やや内側上面の盛り上がる筋肉。

四つの筋肉の先端部分は腱となり、膝蓋骨(お皿)に
付着して停止する。

【ヒザを曲げる主力筋肉】
ヒザを曲げるとき、主力となる筋肉は太ももの外側にある。
D大腿二頭筋 ---

ヒザを曲げると、太もも裏側にかけて、深いくぼみを挟んで、二つの盛り上がりが感触できる。
そのうちの外側の筋肉。

E半腱様筋 ---

上記二つの盛り上がりのうち、内側の筋肉。
※最終は脛骨のの前側に付着する。


【ヒザから下を内側に曲げたりひねったりする筋肉】
F大内転筋 ---

太もも内側の股の付け根に近い部位にある筋肉。収縮することで脚全体を内側に引っ張る。

G縫工筋 ---

脇腹下のグリグリした部位(上前腸骨棘)から始まって、太もも全面を下方内側に向けて横断し、半券様筋と合流して鵞足になる。収縮することでヒザから下を内側にあげる。

H大腿筋膜張筋 ---

脇腹下のグリグリした部位(上前腸骨棘)から始まって、途中で腸脛靭帯になり太もも外側に沿って下降し鵞足の反対側に着く。収縮することで脚を外側に開く。

半腱様筋・縫工筋・薄筋の三つの腱が鵞鳥の
水かきに似ているのでまとめて鵞足という。
ひざの痛みを解消する重要な手がかりになる。
ヒザを支える主な筋肉