自律神経

交感神経(肉体的活動)
交感神経(身体機能)
肉体労働やストレスに対する反応を刺激する
食事・消化・排泄を行なう時に優位となる
(“闘争と逃走”緊張・ストレス)
(食事・消化・排泄・リラックス)
互いに作用(多くの場合逆の作用)をして身体の至適状態を維持している。
器官
交感神経の作用
副交感神経の作用
心筋 脈拍数の増加・収縮力増強 脈拍数減少、収縮力低下
皮膚および粘膜の
血管、内臓の血管
収 縮 作用不明
骨格筋の血管 拡張(または収縮) 作用不明
脳の血管 軽度拡張 作用不明
気 管 支 拡 張 収 縮
唾 液 腺 分泌減少 分泌増加
消 化 管 緊張および運動の低下
括約筋の収縮
緊張および運動の亢進
括約筋の弛緩
消 化 腺 分泌減少 分泌増加
男性生殖器 射精を促す 勃起を促す
涙  腺 作用不明 分泌増加
瞳  孔 拡 大 縮 小
ほとんど全ての器官に「交感神経」と「副交感神経」が分布しており、
神経によって働きが促進されたり抑制されたりする。
副交感神経は大部分の臓器に対して、活動を高める方向に働くが、
心臓は例外で、心臓の作用を低下させるように働く。
自律神経