当ページでは、ヒロタダ式整体法による実際の症例に対する改善例を記載しています。
新たな症例は随時更新の予定です。


症例No.の上にマウスを乗せることで、
ここに概要が表示されます。
詳しくご覧になりたい方はクリックしてください。

※ 表示されない方の場合はそのままクリックして詳細をご覧下さい。

ファイルナンバー
001
症状
腰痛
年齢
40代
性別
女性
現在の状態
完治(8ヵ月)
足のツリや痙攣から起こった腰痛。

最初の原因は右足(ふくらはぎ)の緊張にあり、
その後に腰へと影響を及ぼしてしまう。

ファイルナンバー
002
症状
歩行障害
年齢
30代
性別
男性
現在の状態
治療中
足の運び方など歩き方からくる歩行障害。

正しい歩き方ではない歩行に慣れて長期間その歩き方を
し続けると、本来使われるの筋肉が衰えてしまう。

ファイルナンバー
003
症状
全身満身創痍
年齢
50代
性別
女性
現在の状態
完治(6ヵ月)
全身がむくみあらゆる箇所に痛みやハリを持つ状態。

痛み止めなどの薬を常時服用することで、痛みが麻痺しているため一部のコリやハリが全身へ影響を及ぼす。

ファイルナンバー
004
症状
歩行不能
年齢
40代
性別
男性
現在の状態
完治(2回)
歩行不足と長時間運転による腰痛→歩行不能。

日常的な車での移動(長距離を含む)により
腰痛や足のしびれを起こし歩行できなくなる。

ファイルナンバー
005
症状
肩コリ〜背中痛
年齢
50代
性別
女性
現在の状態
完治(1ヵ月)
足の運び方など歩き方からくる歩行障害。

正しい歩き方ではない歩行に慣れて長期間その歩き方を
し続けると、本来使われるの筋肉が衰えてしまう一例。
症状改善には筋力アップのトレーニングが必須のため、
長い期間を必要とする。